訴訟を乗り越えた品川美容外科の充実したサービス

品川の取り組み

具体的な取り組み

施術の効き目をめぐって訴訟されたこともある品川美容外科。
そこでは、二度と同じことが繰り返されないようにということで、さまざまな取り組みが行われています。
どんな取り組みが行われているのかということを知るためには、具体的に、どんな流れで品川美容外科がサービスを提供しているかということを、見てみるべきでしょう。

たとえば、品川美容外科をめぐる訴訟の理由として挙げられるのが、「予想よりも早く効き目が切れた」ということでした。
美容施術の中には永遠に効き目が続くわけではなく、一定期間を経過するとそれが消えてしまうという種類のものがあります。それが早めに消えてしまったというのが、訴訟の理由になっているわけです。
そういう訴訟が二度と起きないようにするために、品川美容外科では、施術が始まる前に二段階、三段階の「ドクターと話す時間」を設けているのです。

施術の流れ

たとえば、「顔のたるみを取りたい」という希望があったとしましょう。それに応える施術が「たるんだ皮膚を引っ張り上げること」となるのは、別段、美容外科の専門家でなくても分かることです。
実際、品川美容外科には、フェイスのリフトアップというそのための施術が用意されています。
ただし、じゃあ来院してすぐにフェイスアップの施術が行われるのかといえば、そうではありません。品川美容外科は、充実したカウンセリングによって後顧の憂いがないようにするのです。
事前に確認すべきことをきちんと確認し、その上でようやく本番を迎えるわけです。

もちろん、施術後のケアも充実しているので、「術後に訴訟」という流れは完全になくなるのです。